二階堂高等学校 保健福祉コース

教育の特色

保健福祉コース

ひとと関わりたい。
ひとの役に立ちたい。そんな思いを大切に、
福祉、看護医療、保育分野の視野を広げます。

3年間で福祉や看護医療、
保育などの視野を広げることができるので、
将来の夢や自分のやりたい仕事が見つけられると思います。

コースが目指すもの

夢の実現のために少し先取りのカリキュラム

夢の実現のために少し先取りのカリキュラム

「福祉」という分野を看護医療・保育も含めた“保健福祉” という広い視野でとらえ、さまざまな人と共に生きる喜びや支え合う大切さを学びます。福祉・看護医療・保育に興味をもった生徒がその夢をカタチにするために、専門分野を少し先取りした授業やコース行事を1年生から実施。介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)や上級救命などの資格も取得できます。

生徒1人1人へのきめ細かいサポート

生徒1人1人へのきめ細かいサポート

現場実習でのコミュニケーションや実習記録の記入を通じて、実践したことを考え、言葉にする力を身につけます。進学の際に、志望動機や小論文の作成にも役立ちます。コースの教員全員が協力し、生徒一人ひとりと真剣に向き合い、生徒の目線で一緒に考え、サポートしています。


コースの特色

ふれて学ぶ、さまざまな体験型学習

ふれて学ぶ、
さまざまな体験型学習

保健福祉コースでは、さまざまな体験型学習を実施しています。附属幼稚園の運動会見学、保育ボランティア、看護体験、上級救命救急講習、手話講座、障害者スポーツ大会ボランティア、障害者スポーツ体験、福祉施設納涼祭ボランティア、国際福祉機器展見学、防災公園・ハンセン病資料館見学などの行事。福祉・看護医療・保育の実際の現場においての実習。
これらの体験を通して、直接ふれあうことで感じる心を大切にし、なりたい自分さがしのお手伝いをします。

福祉系・看護医療系希望者へ・・・「ふれあう手から、人の優しさを知る」

福祉系・看護医療系希望者へ・・・
「ふれあう手から、人の優しさを知る」

ふれあう手のぬくもりから、支え合う喜びや人の優しさを知って欲しい。そして、あなたの力を必要としている人がいることを知ってください。そんな世界に関心のある人は福祉系・看護医療系科目の選択ルートがおすすめ。「看護基礎医学」でからだやこころの不思議に出会い、「保健福祉演習」で介護・看護の実技を体験し、「保健福祉実習」では現場を知り、自分と社会の結びつきについて考えていきます。

保育系希望者へ・・・「子どもの目線で、子どもの世界にふれてみる」

保育系希望者へ・・・
「子どもの目線で、子どもの世界にふれてみる」

子どもの世界に関心のある人は、保育系科目の選択ルートがおすすめ。 「子どもの発育と保育」で子どもと関わる基礎を学び、「保育演習」で園児とのかかわり方を学び、「保育実習」で実際に幼稚園の園児とふれあいます。また、保育系の進学に必須のピアノも「器楽演奏」の授業で学びます。


トップへ戻る