二階堂高等学校 総合進学コース

教育の特色

総合進学コース

未来に向かって、夢を探して、
どんな分野へも自信を持って
進んでいける学力を身につけます

何かに夢中になりたい、
目標に向かって進んでいきたい・・・
そう思っているあなたに。

コースが目指すもの

大学への進学につながる学力アップ

大学への
進学につながる学力アップ

主要5教科は少人数制グレード別授業をしています。1・2年生では、特に英語・数学・国語を中心に基礎学力を着実に修得。3年生では、文系と理系に分かれ、自分の希望する分野への進学にあわせた学習をします。通常の授業の他に大学受験対策講座も開講。放課後や長期休業中の進学講座なども充実しています。また、リクルート社が展開している「スタディサプリ」を導入して家庭学習や授業の予習・復習に活用しています。

幅広く学び「自分の将来」を見つける

幅広く学び「自分の将来」を
見つける

海外への修学旅行、English Camp、Career Approach Tour、英検などの資格取得、ボランティア活動を行うなど、自分の興味があること にどんどんチャレンジし、個性を育んでいきます。「何かに夢中になる自分」を見つけ、夢に向かって自信をもって取り組む姿勢を大事にしています。一人ひとりの可能性を伸ばし、どの分野へも進学できる力を育てていきます。


コースの特色

【英語科】基礎から、進学に向けて自信が持てる語学力を目指して

【英語科】基礎から、進学に向けて
自信が持てる語学力を目指して

「英語は好きだけどデキない」「文法が大の苦手」。最初の授業でよく耳にする言葉です。中学での授業が難しくなるにつれ英語から足が遠のいてしまった人もいることでしょう。たとえば、高いハードルのように見える文法も、キッカケを見つけて踏み出せば、新しい世界が見えてくるはず……。
総合進学コースではグレードにあわせたクラスを編成し、一人ひとりのレベルにあった授業を展開。基礎に立ち戻り丁寧に土台を作ることが、その後の伸びにつながります。2年次以降は大学進学を視野に、自信を持って希望する進路を選択できるよう、大学入試問題等を取り入れた授業も行っています。

【国語科】論理的読解を身につけ、生徒自身が勉強方法を見出す

【国語科】論理的読解を身につけ、
生徒自身が勉強方法を見出す

答えがハッキリしにくい国語に、勉強のやり方がわからないと悩む生徒は多いようです。総合進学コースの国語では、生徒自身が勉強方法を見出すことがひとつの目標。「問い」を意識しながら文章を読むことで何が重要なのかを考える、論理的な読解を学ぶことで、苦手意識のある生徒も次第に自ら進んで教科書を読む姿勢が身についていきます。
また、3年間を通して高い頻度で漢字と古文単語の小テストを行うことで、語彙力も養成します。楽しみながら言葉に触れられるよう、おすすめの本を紹介するポップ作りや、俳句の創作・句会も実施しています。

【社会科】背景を想像し、自ら考える力を育てる

【社会科】背景を想像し、
自ら考える力を育てる

社会科が嫌い、という理由によく上がるのは、暗記の多さ。確かに、人名、地名、抽象的な政治・経済用語をただひたすら覚えるのはタイヘン。でも、こういう用語も「なぜなのか」を考えながら関連付けていくと、物語のような流れの中で理解ができ、自然と記憶に残るようになるのです。
授業は「背景を想像し考える」ことを意識して進めます。教科書とあわせて、その時代のポスターや遺構の写真などの視覚的な教材を用いることで、興味や関心を引き出せるよう取り組んでいます。一人ひとりが自分で考える力が育まれるよう、理解度にあわせた習熟度別クラスも取り入れています。


トップへ戻る