ニュース

お知らせ

ニュース一覧

2020.4.9

令和2年4月 校長からのメッセージ

二階堂高校の生徒の皆さんへ
                                 校長 工藤公彦


 3月31日をもって退職された、野澤先生の後任として校長に就任した工藤です。これ
までの2年間に取り組んできた事を生かし、4月からは違う立場で二階堂高校の発展と、
生徒の皆さんの支援をしていきますので、宜しくお願いします。


 さて、新学期早々から新型コロナウイルスの感染拡大により東京都などに緊急事態宣
言が出され、本校も始業式や入学式などが実施されないまま臨時休校となってしまいまし
た。4月の始めに皆さんとの出会いを楽しみにしていましたが、直接会って話をすること
が叶わないので、HPに校長としての思いを掲載することとしました。全てを載せるわけ
にはいかないので、ポイントだけを伝えます。読んだ人はぜひ自分のこととして受け止め、
今後の在り方を考える指針にしてください。


1、理想と現実
   「理想」とは、自分はこう在りたいとかこんな風になりたいと思うことからスター
 トし、ゴールを示したものです。つまり、目標のことです。物事を進めるときは明 
  確な目標・計画・実践があり初めて成果につなげることができます。この目標設定 
  の考え方は2通りあります。
  (1)前年度の反省の中で、出来なかったことへの再挑戦を試みるための目標
  (2)新年度を迎え、新たに挑戦し取り組みたいことを想定した目標
  いずれの目標を設定する場合でも、大切なことは「現実」を知り、把握すると共に
  しっかり受け止めることだと考えます。


2、夢の実現に向けて
   生徒の皆さんが、二階堂高校で学ぶことができて本当に良かったと思い、卒業後の
  新たなステージに自信をもって進むためには次の3点を意識し生活することが大切で
  す。
  (1)授業には課題を明確にし真剣に取り組む
  (2)どのような場面でもルールを守り規範意識を高める
  (3)何事にも主体的に取組、地域や保護者の期待に応える
 
 これまでの伝統の重さを実感し、二階堂高校の生徒の一員であることを自覚し「ワンチ
ーム」・「チーム二階堂」として、一人一人が努力し、大きな成長と多くの成果を残す令
和2年度にしましょう。全ての先生方が応援しています。




トップへ戻る