学校長あいさつ・沿革・組織

本校について

学校長あいさつ・沿革・組織

明るく積極的で
ボランティア精神に富んだ、
礼儀正しい生徒を育成する。

学校長あいさつ

二階堂高等学校 校長 野澤澄枝 日本女子体育大学附属二階堂高等学校は、二階堂学園創立者二階堂トクヨ先生の弟、二階堂清寿先生が1948年(昭和23年)に設立し、今年で創立70年を迎える歴史と伝統のある高等学校です。これまで1万人以上の卒業生を輩出し、全国各地で活躍し、社会貢献に務めております。

本校は、これまでの理念を受け継ぎながら、時代の変化に応じた取組みをしていきたいと考えております。また、総合進学コース、体育コース、保健福祉コースと3コースのそれぞれの特色を活かして、生徒一人ひとりの個性と自主性を尊重した教育を推進してまいります。
校訓の「勤労」「感謝」「礼節」に基き、明るく積極的で、何事にも物怖じせず、規律や礼儀をわきまえ、広い教養と共に忍耐力や協調性を身につけた女性を育てていきたいと考えております。また、学業はもちろん、学校行事や新体操部・ダンス部をはじめ、部活動にも力を入れています。

本校で自分の目標を実現してみませんか。二階堂高等学校は、頑張る皆さんへの協力を惜しみません。

校長 野澤澄枝


二階堂高等学校の歴史・沿革

二階堂学園の創設者 二階堂トクヨ先生
二階堂学園の創設者 二階堂トクヨ先生

二階堂学園の創設者、二階堂トクヨは「剛健と優雅の両面をもつ体育を理想として、衣食住に生活全体を通しての人間教育」を建学の精神とし、1922年、代々木に「二階堂体操塾」を設立しました。
単なる体育教師の育成にとどまらず、高い人格と広い教養を身につけた人づくりの教育は、1948年、二階堂高等学校普通科開校の「個性の育成とともに、社会に役立つ女性を育成する」という目的に活かされ、今日もなお受け継がれています。

1922年(大正11年)
女子体育の母、二階堂トクヨにより二階堂体操塾創立される
1948年(昭和23年)
二階堂高等学校開校
1964年(昭和39年)
校歌制定
1968年(昭和43年)
普通・体育・商業の3コース制発足
1978年(昭和53年)
創立30周年記念式典
1988年(昭和63年)
日本女子体育大学附属二階堂高等学校と校名変更。創立40周年記念式典
1993年(平成5年)
文理専攻・体育進学・体育専攻の3コース制となる
1998年(平成10年)
創立50周年記念式典
1999年(平成11年)
日本女子体育大学体育学部附属二階堂高等学校と校名変更
2002年(平成14年)
普通・体育・福祉の3コース制となる
2003年(平成15年)
日本女子体育大学附属二階堂高等学校と校名変更
2008年(平成20年)
創立60周年記念式典
2009年(平成21年)
総合進学・体育・保健福祉の3コース制となる
2012年(平成24年)
二階堂学園創立90周年
2013年(平成25年)
二階堂学園創立90周年記念式典

組織図

二階堂学園の組織図

トップへ戻る